メニュー ホーム

血管の病気と痛みには注意

酸素と栄養は、人間が生きるために必要不可欠なものです。
体に酸素と栄養を供給するのが、血液です。
血液が流れる血管が病気になると、栄養も老廃物も運べなくなるので、深刻な事態になってしまいます。
動脈は、耐久性に優れた構造になっているのですが、加齢などにより血管が老化すると、弾力性がなくなり、硬くなります。
そして、動脈の壁に様々な物質が付着して、血液の通路が狭くなってしまうのが、動脈硬化なのです。
動脈硬化が進むと、血液の流れが悪くなり、血栓ができて血液の通路が詰まってしまうこともあります。
そうなると、必要なところに必要な栄養や酸素が届かなくなり、様々な病気の原因となってしまうのです。
動脈内に悪玉コレステロールや脂肪などが沈着しないように、日頃から気を付ける必要があります。
人間は、誰でも歳を取るため、血管の老化は避けられません。
しかし、老化が進行するスピードは、人によって違います。
何らかの危険因子を持っている人は、老化の進行が速くなってしまいます。
動脈硬化の危険因子のひとつが、高血圧症です。
血圧が高い状態が続くと、血液が流れる通路にコレステロールが入り込みやすくなります。
そして、本来備わっている動脈硬化を防ぐ機能がなくなり、動脈硬化が進行してしまうのです。
糖尿病も、危険因子です。
慢性的に血糖値が高くなって起こる病気が糖尿病で、高血糖の状態が続くと、インスリンの働きが弱くなって血液中に脂質が増え、動脈も傷付きやすくなるので注意が必要です。
足がしびれたり、痛みが出た場合は、放置せずに病院の診察を受け、血管年齢を下げる方法を知ることが大事です。

カテゴリー:健康

タグ:

Jude